クリックすると拡大します。どもども、こんにちは。2ちゃんねるの管理人のひろゆきです。
さてさて、「のまネコ問題」もついに佳境を迎えつつある感じです。

←「モナー」などのアスキーアートと「のまネコ」の関係がわかりやすい画像があったので、流れのわからない人のために掲載しておきます。


「のまネコ」に関して、エイベックス社は「不快な思いをしたネット参加者にもおわびしたい」と書いてあるとおり、謝罪をしているようですし、キャラクター使用料を受け取らないことも明言しているようです。


のまネコ:キャラクター使用料受け取らず エイベックス (毎日新聞)


とりあえず、謝罪してキャラクター使用料を放棄するというのは、のまネコのパクリ疑惑に関しては実質認めたようなものだと思います。

「いや、パクリは認めてないよ!」ということでしたら、ご連絡ください。修正します。>エイベックスさん

 

 

 

 

 

 

 

下記3点のうち、あと1点が成就すれば、騒ぎのオチとしては十分だと思います。

・エイベックス社がパクリに関して認めること < 実質的には認めた
・エイベックス社が謝罪をすること < 謝罪した
・キャラクター使用料が恵まれない人たちの幸せのために使われること

さて、エイベックス社がキャラクター使用料を放棄するということは、キャラクター使用料が宙に浮いてしまっているわけです。

ちなみに、ネットの人たちの共同著作物である「電車男」の二次使用料に関しては、新潟県中越地震災害義捐金として、今年の前半だけで784万3500円の寄付をしています。

まさか、宙に浮いたままのキャラクター使用料をタイトーさんがネコババするなんてことはないですよね?

どうなんですか?  >タイトーのキャラクタ・トイ事業部の偉い人


******
前回のエイベックス・グループ・ホールディングス株式会社様への公開質問状はこちら